世の中には様々な職種が存在していますが、とりわけ専門的な知識と経験が求められるのが「製薬」の仕事。

製薬業界に転職するためには、相応の知識と経験が必要になりますが、こと「転職活動」という事に目を向けると、その内容自体には、他の職種とも大きな違いはないようです、、、。

製薬業界の転職も、他の業界同様、書類選考と面接が中心です。

ココでは、面接を行う上でのコツについて、ちょっと解説してみます。

面接が得意な人、苦手な人、いらっしゃるかと思いますが、面接は事前準備の量によって、その内容の良し悪しが明確になります。

とにかく、面接する前の準備が大切だと肝に銘じましょう。

先ずは、入念な企業研究・業界研究、そして自己分析です。

面接で可ならず聞かれる質問といえば、志望動機と転職の理由。

この二つの質問は、面接者がどれだけ企業・業界を研究しているか、自分自身のキャリアプランを明確にしているかを明らかにします。

十分な事前準備ができていれば、答えに臆することは何もありません。

そのような態度は面接官にもひと目で分かり、好印象を与えるはずです。

そして、忘れてはならないのが、面接に挑む上での「外見」。

人間は、なんだかんだ言って見た目が重要です。

特に面接の場では、第一印象が面接内容を大きく左右すると言っても過言ではありません。

見た目だけではく、立ち居振る舞い、表情に至るまで、気を抜かずに清潔感と信頼感を与えるように気を配りたいものです。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.